日常・生活

『最高の睡眠』で眠りの質を高めよう‼

ヒラノタカユキ
こんにちは、管理栄養士ブロガーのヒラノタカユキ(@Green_Takayuki)です!

 

皆さんは、睡眠をしっかりとれていますか?

 

今日は、睡眠について触れていきたいと思います。

 

僕は、普段から睡眠の質を高めようといろいろな努力をしています。

 

睡眠の質が上がれば、日中のパフォーマンスも上がるので、皆さんも興味をもっていただけたらいいなと思います。

 

最高の睡眠とは?

最高の睡眠とは、「脳・体・精神」を最高のコンディションに整った「究極的に質が高まった睡眠」のことを指します。

睡眠とパフォーマンスはセットになっていて、質の高い睡眠は日中のパフォーマンスの向上にもつながってきます。

スタンフォードでの研究によると、睡眠の質は眠り始めの90分で決まるといっています。

 

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には、レム睡眠ノンレム睡眠があります。

 

レム睡眠とは浅い眠りのことです。

 

明け方に近づくとレム睡眠が長くなって、身体が覚醒の準備を始めます。

 

ノンレム睡眠とは深い眠りのことで、明け方に近づくにつれて浅く、短くなってきます。

 

なぜ最初の90分が大事なの?

入眠してから最初の90分のノンレム睡眠は、睡眠全体の中でも最も深い眠りです。

 

この間に成長ホルモンが最も多く分泌され、成長ホルモン全体の7割~8割は最初の90分に分泌されます。

 

成長ホルモンは、アンチエイジングにも効果があるので、美容意識が高い方は、寝る時間に気をつけつつ、眠り始めの90分の質を高めることを意識しましょう!

 

 

睡眠の質を高めるポイントとは?

人間の表面上の皮膚の温度を皮膚体温といい、身体の中心部の体温を深部体温といいます。

人は皮膚温度と深部体温の差が縮まったとき、入眠しやすくなるという研究結果が報告されており、良い睡眠を得るためのポイントは入眠に向けて深部体温を下げて、皮膚温度との差を縮めることが重要になります。

 

体温を理想の状態に調整するポイントは、就寝90分前に40度のお風呂に15分入ることです。

 

深部体温は上がった分だけ大きく下がろうとする性質があるので、お風呂に入って深部体温を上げると、その反動で深部体温が大きく下がってきます。

 

深部体温が下がると、皮膚温度との差も小さくなるため、入眠しやすくなります。

 

 

睡眠の効果

睡眠には様々な効果があります。

  • 脳と身体を休める
  • 記憶の整理、定着
  • 免疫力の向上
  • ホルモンバランスの調整 

などなど様々な効果があります。

 

ヒラノタカユキ
睡眠の重要性がよくわかりますね。

 

おわりに

今回は最高の睡眠についてざっくりと触れさせていただきました。

 

今回の記事で少しでも睡眠のことに興味をもっていただけたら、うれしいです。

また、「スタンフォード式 最高の睡眠」には、睡眠についてさらに詳しく書かれているので、興味をもった方にはぜひ、手に取っていただきたいです。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

-日常・生活
-