日常・生活

内臓脂肪・皮下脂肪の違いとは?

ヒラノタカユキ
こんにちは、管理栄養士ブロガーのヒラノタカユキ(@Green_Takayuki)です!

 

皆さんは、体につく脂肪は大きく2つに分けられることを知っていますか?

 

大きく分けると「内臓「皮下脂肪」に分けられます。

 

その中でも、内臓脂肪は、蓄積するとさまざまな病気の原因になることが、近年知られてきています。

 

今回は、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」について解説していきたいと思います!

 

皮下脂肪とは?

人の体の2割前後は、脂肪でできています。

 

その中で大半を占めるのが、皮膚と筋肉の間の皮下組織にたくわえられる脂肪です。

 

女性は皮下脂肪が多く、男性は内臓脂肪がつきやすい傾向にあります。

 

内臓脂肪とは?

内臓脂肪は、お腹の臓器の周囲につく脂肪で、内臓脂肪の方が皮下脂肪より早く減ります。

 

そして、内臓脂肪が蓄積すると、さまざまな病気を招きやすくなります。

 

内臓脂肪に加えて、血糖、血圧、脂質異常のうち、基準値を超えるものが2つ以上重なった状態を「メタボリックシンドローム」、通称「メタボ」と呼びます。

 

 

このメタボの状態を放置すると、動脈硬化が進み、さまざまな病気を引き起こす恐れがあります。

 

ヒラノタカユキ
外見だけの問題ではすまされませんよ!

 

脂肪が増えるのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回ったときです。

摂取過剰なカロリーは、運動などですぐに使ってしまえば蓄積しませんが、もたもたしていると脂肪に変わってしまいます。

 

内臓脂肪を減らすためのポイント

「内臓脂肪」は、皮下脂肪に比べ、減らしやすい脂肪です。

 

コツさえつかめば、内臓脂肪を減らすことができます。

 

運動をする習慣を増やす

ランニング、バイキング、水泳など、心拍数を上げる運動によってカロリーが燃焼していきましょう。

ヒラノタカユキ
筋トレなどより、有酸素運動のほうがいいです。

 

緑茶を摂る

「カテキン」と呼ばれる緑茶の含まれる抗酸化物質を摂っていると、摂っていない人よりも、運動中のおなかの脂肪が燃えやすくなります。

 

一品料理より、定食を選ぶ

栄養バランスがとれて、食事からとった炭水化物や脂質などの代謝が高められます。

定食が難しい場合は、「野菜のチョイ足し」を心掛けるようにしましょう。

 

おわりに

「内臓脂肪」と「皮下脂肪」について解説させていただきました。

 

内臓脂肪は増えると、様々な病気につながると知っていただけたと思います。

 

では皮下脂肪はいいのかというと、皮下脂肪は外部からの圧力に対するクッション、また寒さ対策の役割を担っています。

しかし、皮下脂肪が異常に増えると見た目だけでなく、膝や腰など整形外科的疾患のリスクが高まってしまいます。

 

お腹がポッコリ出てきた方は、暴飲暴食はせず、なるべく日々節制に努め、ぽっこりお腹を脱却しましょう!

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

-日常・生活
-,