食事・栄養

【管理栄養士が解説!】ある食べ物で二日酔いにならない!?

悩んでいる男性
うっ、、気持ち悪い...。二日酔いにならない食べ物とかないですか...。

 

お酒を飲んだ次の日に二日酔いになるとつらいですよね。そんな時は「ナイアシン」という栄養素に注目です!
ヒラノタカユキ

 

アルコールを分解する「ナイアシン」

二日酔いのイラスト

「ナイアシン」はビタミンB群の仲間で、別名「ビタミンB3」とも呼ばれている栄養素になります。

 

ナイアシンは三大栄養素がエネルギーに変わるときに必要とされます。

 

ナイアシンは体内に入ると「NAD(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)」という酵素に変わります。

 

糖質、脂質、たんぱく質のエネルギー代謝をサポートしてくれます。

 

またNADは別の重要な働きがあります。

 

それが、体内に入ったアルコールを分解して「アセトアルデヒド」に変えて、さらにそれを無毒化すること。

 

アセトアルデヒドが残っていると、頭痛や吐き気など、つらい二日酔いの原因になります。

 

お酒を飲むときはナイアシンを含む食品を一緒にとり、NADを活性化させ、アセトアルデヒドの解毒を促進させることが、二日酔い対策に有効なのです。

 

ナイアシンを含む食材とは

ナイアシンはカツオやたらこ、鶏肉やレバーなどの食品から摂取することができます。

 

また、ナイアシンは必須アミノ酸のひとつである「トリプトファン」から体内で合成されるため、通常の食生活であればまず欠乏症になる心配はありません。

 

しかし、長期間の大量飲酒などにより慢性的なナイアシン不足が続いてしまうと、「ペラグラ※」という皮膚炎を起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

※ペラグラとは
ナイアシン欠乏症のことで、手足や顔、首に皮膚炎が起こります。下痢や頭痛なども起こり、進行していくと認知症などの危険もあります。また不規則な食事の多い、アルコール依存症の患者にも多くみられます。

 

お酒を飲む機会が多い方はぜひこちらの記事も一緒に読んでみてください!

 

まとめ

アルコールの分解にはナイアシン

お酒好きには欠かせないビタミンB群の仲間、「ナイアシン」。

 

お酒に含まれるアルコールを分解してくれます。

 

また、二日酔いのつらさも和らげてくれる頼もしい栄養素です。

 

ナイアシンを多く含む食材

鰹のタタキのイラスト

  • カツオやマグロ
  • ピーナッツ
  • レバー
  • たらこ
  • まいたけ

など

ナイアシンは皮膚や粘膜の再生にも関わっているため、十分な摂取を心がけるようにしましょう。

 

もっと簡単に摂取したい方はサプリなどから摂取するのもおすすめです!

注意点:ナイアシンは多量に摂取するとナイアシンフラッシュ※を起こす可能性があるので注意しましょう!

ナイアシンフラッシュとは
ナイアシンを摂取したときに、頬が赤くなったりピリピリとしたかゆみを感じたりする症状を「ナイアシンフラッシュ」といいます。 

 

 

 

-食事・栄養
-,