食事・栄養

【管理栄養士が解説】貧血の原因はたんぱく質不足だった!?

こんにちは、管理栄養士ブロガーのヒラノタカユキ(@Green_Takayuki)です。

このブログでは、栄養学のノウハウを解説しています。

 

悩んでいる女性
最近、立ちくらみや、めまいがすることが多くなってきた。
それはもしかしたら貧血なのかもしれません。
ヒラノタカユキ

 

今回は貧血について解説していきます。

 

顔色が悪くめまいがすると聞くと、真っ先に「貧血」というワードが思い浮かびますが、これにもたんぱく質が関係しているかもしれないということはご存じでしょうか?

 

貧血とは

貧血のイラスト

貧血といえば大半は「鉄欠乏性貧血」で、これは血液中の赤血球が少なくなるため、酸素を運搬する能力が低下する病気です。

 

生理などで鉄を失うことが多い女性に多く、日本人女性の約20%が貧血であるともいわれています。

 

貧血になると体中の組織で酸素不足が起こり、疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、イライラするなどの症状が現れます。

 

赤血球を構成しているのはたんぱく質!?

ヘモグロビンと結合する酸素のイラスト

赤血球の主要の構成物質であるヘモグロビンは、血中で酸素を運んでくれる重要な役割を担っています。

 

ヘモグロビンとは、鉄とたんぱく質の複合体であり、ヘム蛋白という名前があるように、たんぱく質そのものということです。

 

なのでたんぱく質が不足すると必然的に赤血球をつくることができず、貧血になるということもあるのです!

 

もちろん貧血を引き起こすのはたんぱく質の不足だけではありません。

 

鉄、ビタミンB12、葉酸などの不足や胃潰瘍や胃がんなどの消化器系の病気、腎機能の低下によるものなど様々なケースが考えられます。

 

日常生活でバランスの良い食事をしっかりと摂っているのに貧血が続くような場合は病院を受診しましょう。

 

そのままにしておくと実は怖い貧血

辛そうに階段を登る人のイラスト(女性)

自覚症状の少ない貧血ですが下記のような症状が現れたら、もしかしたら貧血かもしれません。

治療せず、そのまま放置していると、子宮筋腫など女性特有の病気や、胃潰瘍、肝硬変などの病気にもつながってしまいます。

  • 疲れやすい
  • 鬱気味
  • 階段の上り下りがつらい
  • 顔色が悪い
  • 動機息切れ
  • 立ちくらみ、めまい
  • 手足の冷え
  • 爪がもろい

 

 

-食事・栄養
-